楽天ルームでは私のオススメを紹介してます!

株を売るタイミング 利確or損切り

  • URLをコピーしました!

どうも〜、ヨッシーです。
昨年から日本株を購入しています。

それから、売ることなくホールドしています。(先日、一部損切りしました)
そこで感じているのが、株を売るタイミングについてです。

基本、投資信託メインなのでほったらかしにしているせいもあり
売るタイミングを逃しています。

長期運用での目線と短期売買での運用目線では、見方が変わってくると思います。

利確も損切りも難しいと思う、今日この頃。

今回は株を売るタイミングについて考えてみたいと思います。

目次

利確とは

保有している株式や為替などの資産が値上がりして含み益が生じたところで、
売却して利益を確定させることです。

利確するタイミングですべてが決まりますが、利確をするタイミングは難しいと感じています。
ポジションを保有していても「もう少し待てばさらに利益が増えるのでは・・」と思ってしまいますよね。

このことから、ついつい欲が出てきてしまうパターンですね。
これは、欲望にまみれているとしか言いようがありません。(私のことです)

でも、誰しもあるあるなのではないでしょうか。

確定するまでは利益にならない

投資ではポジションを決済するまでは利益が確定されません。

たとえ保有しているポジションが1億円の含み益になっていたとしても、
利確をして初めて利益となります。

この時「もっと利益を伸ばしたい」と思い保有し続けた場合、最悪0になることもあります。

自分の利確ルールを定める

自分の投資する目的や目標金額を決めて、
そこから逆算し保有したポジションの利確するラインを決定する。

自分なりの決済するルールを決めてポジションを保有しておけば、
投資でしっかりと利益を出すことができます。

買値から〇〇%の上昇を基準とする場合

買いポジションを持った時点から〇〇%の上昇で決済すると決めることで、
迷うことなく利確することができます。

投資でしっかりと結果を残すには、取引におけるルールを決めることが大切であると考えます。

しかし、私はこれを決めていません。
よって、現状のようになっておりホールドが続いています。(一部、損切りしました)

迷走中です。いけませんよね……。

利確をするためのポイント

投資では基本的に取引回数に関わらず「損小利大」を心がけることで損失を最小限にできるという考えがあります。

値動きが思わぬ方向へいき下落した場合には、ポジションを損切りする場合もあると思います。
その損切りをなるべく小さくしていくことで、大きな利益に繋がっていくのではないでしょうか。

損切りとは

損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定させることをいいます。
ロスカット、ストップロスとも呼ばれます。

購入した株式の価格が下落して損失が出たとき、
さらに下落して損失が拡大する可能性がある場合は、早めに保有株を売却して損切りを行います。

そのまま保有し続けた場合、さらに株価が下落して損失額が膨らむ可能性もあるため、
損切りをして損失額を確定させることで、それ以上損失が膨らまないようにすることができます。

なぜ損切りできないのか

投資におけるネガティブな考え事というと、やはり「損切り」になります。

私の場合「いつかは値が戻るのでは」と塩漬けにしたり、
場合によっては必要以上のナンピン買い
(購入した株の価格が下がったとき、平均取得価格を下げるために買い増す方法)をしたりもします……。

そもそも、よろしくないですよね。

市場の変化や業界の将来的な見込みなどの情報を冷静に分析できない状況になり、
自分のいいように物事を考えてしまう傾向にあるのかもしれません。

  • 都合が悪くなると見ないようにする(見なかったことにする)
  • いつ売ろうかと迷いが出る
  • ついつい考え過ぎてしまい、やがて考えるのをやめてしまう(思考停止状態)

損切りをするためのポイント

損切りを確実に実行するための方法は、損切りをルール化することです。
ルール化することができれば、それに従うだけで損切りを実行できるからです。

損切りをルール化することで、株式を購入する段階で損失額を限定することができます。
あらかじめ損失を想定しておくことで、心理的な負担を軽減することにもつながりますよね。

自分で決めた損切りルールを守っていれば損失が限定できるので、ゆくゆくは利益も発生しやすくなるはずです。

  1. 買値の○○%下落したら損切りをする
  2. 自分の納得できる損失額を決めて損切りをする
  3. 取引期間を決めて損切りをする

まとめ

株を売るタイミングは、利確か損切りになります。
利確と損切りは実際に損益が形となって現れる、投資において最も大事な瞬間です。

利確の場合「もう少し待てば利益に変わるかも」と考えてしまったり、
損切りの場合「もっと利益が大きくなるかも」と考えてしまったりと、
自分の中で常に葛藤があるかと思います。

適切な利確と損切りが行えるか否かが、
投資の成功と失敗を分けるといるのではないでしょうか。

そして、持ち株をいつ売るかという判断が投資成果を決めているのです。
その判断を的確に下すためにも、マイルールを決めてみませんか。

決して私のようにならないで欲しいです。(先日損切りしました)

参考にしていただければ幸いです。
投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

友だち追加 ←ヨッシーの公式LINEです。 ご質問等ありましたら公式LINEまでお願いします。 公式LINEでは、ブログにないお得な情報をつぶやきます!!! 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

節約をしながら、豊かに、自由に、欲望のままに生きる。
投資×節約の情報発信をしていきます。
あなたも私もHappyになれる。そんなブログにしていきたいと思います!!!

コメント

コメントする

目次
閉じる